スミレ(ダウンロード版) 使い方

スミレは、.NET 6.0に対応する実行環境に対応しています。Windows/Linux/macOSの各CPUで動作します。

.NET 6.0ランタイムのインストール

まず、.NET 6.0 Runtimeをインストールしてください。

インストールされたかどうかを確認するためには、次のように入力して「Microsoft.NETCore.App 6.0.xxx」の表記がリストに列挙されているかどうかを確認してください。(6.0以外のバージョンでは動作しません)

dotnet --list-runtimes

Linux/macOSの場合

インストール後、Linuxでは、次のような手順でスミレをインストールできます。

wget -O sumire.tgz https://sum.irelang.jp/files/core/latest.php?type=tar
tar zxvf sumire.tgz
cd sumire
echo 「こんにちは!スミレへようこそ」を出力して改行する > hello.ire
dotnet sumire.dll hello.ire
dotnet sumire.dll /e 時刻を報告

展開ファイルの「samples」ディレクトリには、サンプルが用意されています。

例えばカレンダー作成のプログラムを実行するには、展開したフォルダで

dotnet sumire.dll samples/calendar.rdr

と入れます。

Windowsの場合

次のアドレスから、スミレをダウンロードします。

スミレのダウンロード

ダウンロードしたファイルを解凍します。

コマンドプロンプトまたはPowerShellを開きます。

cd [解凍したフォルダ]
./sumire.exe [プログラム名.rdr]

ダウンロードファイルの「samples」フォルダには、サンプルが用意されています。

例えばカレンダー作成のプログラムを実行するには、zipを展開したフォルダで

./sumire.exe samples/calendar.rdr

と入れます。

文法

文法は、プロデルと共通です。基本的な機能(手順や種類)も共通化されていますが、使用できる機能はプロデルと異なります。実行環境のライブラリが異なるため、現時点ではライブラリが整備が進んでいません。

プロデル/スミレ共通マニュアル

プログラムの作成方法

開発環境は用意されていません。お使いのテキストエディタをお使いください。Visual Studio Codeがおすすめです。Windowsの場合は、プロデルデザイナをお使いください。

ファイルの拡張子は、.rdrや.プロデルを使用してください。.ireに今後切り替えていきます。

プログラムの実行方法

コマンドプロンプトもしくはターミナルで、次のコマンドを入力して実行します。

Windows/Linux/macOS共通

dotnet sumire.dll [プログラム名]

Windows環境(コマンドプロンプト)のみ

sumire.exe [プログラム名]

Windows環境(PowerShell)のみ

./sumire.exe [プログラム名]

コマンドの詳しい使い方は、

dotnet sumire.dll -h

と入力して確認してください。

例文 コマンドからプログラムを指定する

dotnet sumire.dll /e 時刻を報告

対話モード

dotnet sumire.dll -
日付を報告

Nugetのパッケージ (未更新)

なお、Visual Studioをインストールしている場合には、Nugetのパッケージとしてもダウンロードできます。Nugetで利用する場合には、Visual Studioなどの開発環境でNugetパッケージの管理を起動して「sumire」で検索してください。

https://www.nuget.org/packages/Sumire/

スミレについては、こちらでも紹介しています。

https://wp.utopiat.net/2018/06/557/
  • 続きを読みたい (2)
  • いいね (1)